SSブログ
シベリア ブログトップ
前の3件 | -

hotel Avanta Отель Аванта のプールのことなど [シベリア]

ホテルの朝ごはん
2588.jpg
黒パンは定番ですね。それと、普通のヨーロッパの国々と比べて日本のそれと同様のサラダがあるという感じ。

この旅で三都市それぞれプールに入っているのですが、
やっと初めて写真撮りました(笑)
2594.jpg
そもそもホテルにスポーツ施設が併設されていて(しかも巨大!)そこを安価で使用するという感じ。日本でいうなら厚生年金の施設に近いけどそれよりホテルは高級な感じ。
2591.jpg
2589.jpg

料金はせいぜい5~600円といったところ。
とても清潔で泳ぎやすいプールでした。

ひと泳ぎして空港へ。
フライトは13:20発なので大体11:30には到着していたいところ。
だが、日中丁度良いアエロエクスプレスがないのです((+_+))
バスではどうか?とレセプションに聞くも、
ホテルのスタッフに聞いてもその時間バスは超時間かかるから避けたほうがいいとのこと。
で、タクシー(日本だとハイヤーかな?)も呼べますよとのこと。
その場合、1100R(日本円で2200円位?)とのことにて昨夜のうちに手配するとちゃんと来てくれていました。
タクシーにのり空港へ行き帰路。
帰りは本当にあっという間。ソウルへ行くのとほぼ同じ位の距離。
サハリンからウラジオへのと味違いの機内食。
2598.jpg

機内の説明。アニメーションがかわいい。
2597.jpg

機内数人のガキンチョがこんなふうに走り回っている。だけど不思議なことに白人でしかも美系ってだけで、たいして気にもならない(笑)短時間だから誰も注意しないし。
2599.jpg

成田で一番初めに見た広告。
2600.jpg
てか、行きでおもったんですが第三ターミナルが出来てなんだかその影響で第二もちょっと変わった気がするのは私だけでしょうか?
しかしながら前回(昨年10月)第一ターミナルのようにクリスタルジェミーの自分とたいして年齢の変わらないおばさんの広告じゃなく世界的に活躍するダルビッシュが一番初めに目にする広告で良かった(笑)


ウラジオはシーフードが美味しかった [シベリア]

大概歩き疲れて、ホテルへ戻る。
独り言で“あー、いい旅だった”と思わず呟く(笑)
本当に疲れたけど、楽しい一日だった。
道を聞けば大体の(それなりに英語理解する)人は親切に応対してくれるし、全然ここはいいところです。
しかしながら字が読めず、、、、妥協してホテルで夕食。キリル文字は敷居が高い(+_+)
ホテルは丘の上に建っており、いわゆる高級ホテルでもないので、レストランがウリではないのだろうし、まったく期待していなかったのですが、、、、


とてもおいしゅうございました

サラダ
2449.jpg
スープ
2450.jpg
パエリアと表記ありましたが、ほぼほぼリゾットです。
2581.jpg
そりゃぁ北の沿岸地域なので、やはり新鮮でおいしいのです。東京で同様の新鮮なものを食べようと思えばどのくらい取られるんだろう、、、、と思えるくらいおいしかった。


ウラジオストクはけっこう都会です。 [シベリア]

駅前からバスに乗ってホテルへ。もう2GISがあるのでどこへ行こうと市街地は快適に移動できます。

バスを待っている人々。というか時刻表ってないんです。ある程度人が乗車したら出発、
そういうシステム。
結構暑い日なのでみんな一様にいらだちつつも各々待っています。
2431.jpg

一口で言って、ウラジオは神戸や長崎のように(ってどっちも行ったことないけど)坂の多い港町。

ホテル。hotel Avanta Отель Аванта
地図上はバス停から単純に9分としか出ないけど、坂の多い街だけにバス停から丘を登って行っててっぺんに建っている。
2432.jpg
古いけどきれいです。
2433.jpg
2434.jpg

レセプションも流暢に英語を話すので昨日同様ストレスレス。

バスに乗って、まずはお土産や!と思いネットの情報をもとにお土産やを探したはいいが、
歩いていける距離のお土産やは既に営業しておらず(*_*)
ちなみにそのサイトは日本ウラジオストク協会というサイトなのでかなり信頼おけると思ったのですが、、、
実際その所在地に行ったらこんな感じだった。
2439.jpg

結構くたびれたので入ったカフェで小腹がすいたのでポテトとオレンジジュースをオーダー。
2437.jpg
ポテトというか翻訳で芋だということはわかったのだが、フライドポテトみたいの想像したけど
実際来たのはマッシュポテトですごく美味しい。

カフェの中の斬新なトイレ(笑)
2438.jpg

カフェのまんまえのポクロフスキー聖堂。
2436.jpg

ちょっと休んで、やっぱりお土産というかもうちょっとチェブラーシカグッズほしいので
鷲の巣展望台まで行ってみることにした。

原点に戻ってKartinnaya galeryの前で再度2GISでルート検索すると
“私はこのルートは歩いていくことをお勧めします”と表示があり、まぁ展望台だけに高所にあるとは思いつつ歩いてみると、結構きつい。

ウラジオの山の手のタワマン
2441.jpg

もうすぐ展望台!
2442.jpg

展望台から町を望む
2444.jpg

目的のお土産や
2445.jpg
しかしチェブ関連は数点しかありません。もれなく買いましたが。

気を取り直し町の中心地へバスで行く。空港から徐々に天気崩れて、
曇天でしたが小雨降ってきました。

噴水通り。いい加減おなか減ってきて、割と評判のシーフードとかいろいろあるお店探すも
なかなかなくて、、、いい感じのカフェ。評価が高いお店です。
2448.jpg
そうこうするうちに8時過ぎ、だんだん暗くなってきたし、、、
キリル文字にも辟易だし、しょうがないホテルに帰ろう。

前の3件 | - シベリア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます